仕事辞めたい

基本です。お茶出しは上座から。

フリーターを辞めて新入社員の頃、一通り新入社員研修で、外部のマナー講師からビジネスマナーを教えていただきました。お茶出しや電話応対、名刺の渡し方などです。2週間ほどの新人研修を終え、実際に配属された部署で、その日はやってきました。初めてのお茶出し。しかも会社の上層部(社長、重役など)が全員集まるという大変大きなしかも重要な会議でした。それぞれの役員秘書の方がその場を牛耳って、会議の準備から仕切ってみえました。役員秘書だけあって、凛として、美人で、少し怖いお局様のような雰囲気の秘書の方々。秘書でもなければ新入社員で、その日がお茶出しデビューの私。てきぱきとお茶出しの準備をする秘書の方々の動きに全くついていけず、その場を右往左往するばかり。会議の10分くらい前には、会社の全役員がゾロゾロと会議室に入っていきました。そして、いよいよお茶出しの時間。社長秘書の方を先頭に、お盆の上にお茶を数個のせ、いざお茶出しへ。私は一番最後に並んで、お茶出しの順番を会議室の外で待っていました。すると、私の前に並んで同じくお茶出しの順番を待っていた
役員秘書の方が、ひとこと。「上座からね。」と。「えっ。上座・・・。」と私。「あなた、研修で習ってきたでしょ。上座はお茶出しの基本よ。」とピシャリ。結局、役員ではなく、同席していた管理職に、机の端の方から順番にお茶出しをすることになりました。その日以来、お茶出しに対する考え、気持ちが変わりました。たかが、お茶出し。されどお茶出し。奥が深いです。自分の部署に戻ってからのお茶出しは、上座下座を必ず意識してお茶出しをするようになりました。叱ってくれた秘書の方に感謝です。